About Us

BKC"小さな地球"と見立て、SDGsにおける17のゴールに学生団体が主体的に取り組むイベントです。 様々な分野で活動する学生団体が、活動内容や専門性を活かし”持続可能な社会”を表現し、社会を巻き込んだ企画を実施します。

目標

立命館大学生・社会・立命館大学の3つの視点から、学生が主体となって達成します。大学生はこの企画を通して「自分が社会のためにできることは何か」を自分に問い続けます。Sustainable Weekは、自分の強みを活かして身近な課題を解決するための一歩。自分たちが暮らすキャンパスをより良くしていきたい、生きがいのあるキャンパスライフを送りたい、そんな想いを持った学生達のムーブメントです。 「未来を作るのは僕たちだ。」Sustainable Weekに参加して、共に未来を描きましょう。


実施背景

2015年9月、前国連加盟国(193カ国)は、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」を採択しました。しかし、日本は欧米やヨーロッパに比べてSDGsの取り組みに後れを取っており、日本においてSDGsを指標に事業が行われているとはまだまだ言えない状況です。 

我々は、立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKCというローカルなレベルで世界の達成目標を捉えることで、世界で起きている問題が「自分の問題」につながるのではないか、と考えました。そこでBKCを”小さな地球”と捉え、SDGsをBKCにおける1万人規模の達成目標に解釈し、学生目線のSDGsの達成を目的とした企画を発案。そこでは学内所属の学生団体の活動内容や専門性を活かし、SDGsの17個の目標と照らし合わせながら、SDGs達成に向けた課題解決モデルの提案を目指します。